どの程度動かせばいいか迷う

傷めたときの悩み

身体を傷めてしまったとき、
休ませればいいのか。
動かせばいいのか。
非常に悩むところだと思う。

傷めた部分は通常は時間とともに修復が進む。
はじめは腫れがひどく強い痛みだが、
時間とともに痛みは軽くなっていく。

それではどのくらい動けば良いのか。
何を基準に考えればいいのか。
述べていきたい。

軟部組織の回復と病期

軟部組織の治癒は2週間で約50%。
1ヶ月半で70〜80%。3ヶ月で100%程度は
かかると言われている1)。
日常生活での使いようや損傷の度合いによって、
変わってくるが一つの参考になると思う。

そして修復の度合いによって時期が分けられる。
病期と呼ばれるものだが、
急性期・亜急性期・安定期に分かれる。

1)Paris SV:Principles of Management.Payton OD(ed):
Manual of Physical Therapy.Churchill Living-stone,
New York,1998,pp329-339

急性期

急性期は炎症の強い時期。
腫れ・赤み・熱感・痛みの4兆候があり、
動かすと強い痛みが出るのが特徴である。

傷めた部分の余分なものを排除し、
血液循環を増加させ、
回復の下準備を行う時期である。

それに伴い発痛物質が多く出現するため、
痛みも強く感じる。
身体の自然な反応であり
生理学的な問題なので、
自然経過で改善するのを待つのが基本である。

疼痛の出現する動作や姿勢を避け、
いかに保護するかがポイントである。

亜急性期

亜急性期は炎症が徐々に軽減しているものの、
組織の修復がまだ不十分な状態。
細胞が傷んだ組織を徐々に修復していく。
修復が不十分な状態で動かせば、
疼痛は増加する。

また修復しているのに動かさなければ、
伸張性が低下し硬くなってしまう。
表層から回復が進んでいくため、
圧痛は表層から軽減していき、
深層になるに従い残りやすくなる。

圧痛はうちみを押さえられるような痛みであれば、
その組織は修復不十分な組織であり、
同部の痛みが出る動きや姿勢は避けるべきである。
防御性収縮も出現するので、
抑えたときに跳ね返されるような感触も特徴である。

痛いけど気持ちいいような感覚になれば、
修復してきているので、
今度は徐々に動かしていく必要がある。

運動の調節がポイントであり、
この部分の見極めは、
この後の回復に大きな影響を与える。
痛みが弱くなるため、
以前より動けるが遅れて疼痛が出るため、
患者のストレスは逆に強くなることも多い。

慢性期

組織の修復は完了しているものの、
痛みが残存している状態である。
これは傷んでいる痛みではなく、
凝り硬まっている状態に近い。

修復した組織は伸張性に乏しく、
水分量が低下しているので、
硬くなりやすく動きが小さくなる。
そのため、凝り感を感じやすかったり、
急激に動かすことで再び傷めるということもある。

一般的に後遺症といわれるものの中にも、
このような状態の場合は多く、
徐々に活動性を高めていき、
伸張性の改善を進めていくことが必要である。

また痛みが鋭い痛みよりも鈍い痛みがメインであり、
心理的な影響も受けやすい。
楽しいときや集中しているときには痛みは少ないが、
ストレスを感じるときには痛みを感じやすくなる。
心理的な要素も関係することを知ることも、
過度に不安を増幅させないためには、
重要かもしれない。

まとめ

軟部組織の治癒は時間とともに進んでいく。
病期は3つに分類され、
急性期・亜急性期・慢性期と分けられる。

急性期はいかに保護するか。
治癒の邪魔をしないことが大事。

亜急性期運動調整
うちみを押さえられる痛みならもう少し保護。
痛気持ちいいなら動していく。

慢性期機能改善
保護は意味がないだけでなくむしろ逆効果。
動かすことで改善を図っていく。